いろいろ歩く

大菩薩嶺

ルート紹介

電子地図へ

大菩薩登山口→丸川峠分岐→丸川峠→大菩薩嶺→大菩薩峠→唐松尾根分岐→上日川峠→丸川峠分岐→大菩薩登山口

丸川峠大菩薩嶺からの富士山と大菩薩湖
DSC00965_resize.JPGDSC01074_resize.JPG
急に開け、ススキがきれいです富士山がきれいな日でした
大菩薩嶺から大菩薩峠方面大菩薩峠を見下ろす
DSC01081_resize.JPGDSC01123_resize.JPG
これから歩く道がきれいにみえますたくさんの方が休んでいます
笹と青空上日川峠のロッジ
DSC01157_resize.JPGDSC01226_resize.JPG
下っていく道にもみどころがいっぱいすてきなロッジです
2008年11月01日[土]撮影

交通

  • 出発点 大菩薩峠登山口バス停 新宿駅4:58→5:57高尾駅6:14→7:23着塩山駅7:28発(山梨貸切自動車)→7:50着大菩薩峠登山口バス停
    ※高尾駅で、この次(20分後)に着く中央線とこの松本駅行きと乗り場が反対側のホームで乗り換え可能です。
    中央線の到着、乗り換えを待って松本行きは発車し、この日は、途中列車通過待ち等があり、7:29塩山駅に着きましたが、バスは、電車の方々の到着を待って、発車しました(トイレに行っている時間はありませんでした)。
    塩山駅バス時刻表へ
    上日川峠に行った際に下記のバス(栄和交通)があるのを知りました。
    (◎土・日・祝日運行(4月第4土曜 〜11月第4日曜まで)
    甲斐大和駅バス時刻表へ
    (ご参考)新宿6:00発→6:38着立川駅6:43発→8:02甲斐大和駅着
  • 終点 大菩薩峠登山口バス停
    大菩薩登山口14:52発→着塩山駅15:56発→17:21着立川駅17:22発→17:49新宿駅着
    高尾駅で、京王線に乗り換えるとJRより、安いです。
  • 料金:{(新宿駅〜塩山駅)1,890円+(塩山駅〜大菩薩峠登山口)300円}×2(往復)=4,380円

距離・時間

  • 出発点 大菩薩峠登山口バス停 7:51 2,099歩 870m※
  • 丸川峠分岐入口 8:15 3,927歩 標高1,040m※
  • 丸川峠 9:47 8,894歩 標高1,645m※
  • 大菩薩嶺 11:15 14,381歩 2,057m
  • 大菩薩峠 12:02 18,045歩 1,897m
  • ロッヂ長兵衛 13:00 23,826歩 1,570m※
  • 終点 大菩薩峠登山口バス停 14:25 32,971歩 870m※
  • 合計:距離18.5km 30,872歩 6時間34分
    ※は、自分の高度計

間違いやすい場所

  • あちこちに道標があるので、間違えないとは思いますが、上日川峠から下るときは、車道でなく、山道に入ります。
    間違えて、車道を歩くとすごく長い距離になると思います。
    途中、千石茶屋で、山道から車道に出ますが、またすぐ山道にはいります。

感想

  • 以前、TVの旅番組で見て、一度行きたいと思っていた、大菩薩嶺に紅葉の美しいこの時期に行ってきました。
    塩山駅からのバスは、10人程度で、ゆったりと座って行けます。
    上日川峠で気づいたのですが、塩山駅より手前の甲斐大和駅では、この時期、登山口よりもっと上の上日川峠までバスがでていますので、頂上をめざしやすいかな。と思います。
    帰るときにこちらからのバスを利用しようかとも思ったのですが、14:30まで無かったので、当初からの予定どおり、登山口バス停まで、歩きました。
  • バスを降りると、車道からの分岐より、丸川峠にむかって、ひたすら、山道を上りますが、紅葉もきれいで、いろんな形の木があったりし、そんなに急な道ではないので、ゆったりした気分で上れます。
    丸川峠に着くといきなりひらけて、違う世界にきたかのようです。
  • 大菩薩嶺頂上は、狭く眺望も今一ですが、そこから下ると雷岩でいきなりひらけて、とっても良い眺望でカンゲキします。
    まっさおな空に富士山が目の前にドーンとあり、他の山々もとってもきれいにみえます。
    この場所は、休んでいる方も多く、また山頂から下ったあとも、木々が無いこの部分は、とてもわかりやすく、あそこまで登ったんだな。。。と実感できます。
  • 雷岩から、大菩薩峠までは、とても眺望がよく、ルンルン気分で歩けます。
    峠からの下りの道も、枯葉をかさこそさせながら、歩きやすいです。
  • 丸川峠から上られる方は少ないらしく、上る7人(4組)の方とお会いした程度で、静かな山歩きでしたが、山頂からは一転し、たくさんの方々とすれ違います。
    上日川峠から下るとまた人は少なくなり、4人(3組)の方とすれ違っただけでした。
    この時刻から上る方は、どこかに泊まるらしく荷物もいっぱいです。
    今回の山では、登山をする方だけでなく、ドライブに来て、ちょっと歩くかたも多かったようです。
  • バス停前の番屋茶屋さんで、おいしそうなよもぎだんご(自家製)が売っていたので購入。
    よもぎの味がこく、とってもおいしく、疲れた身体をほぐしてくれるようでした。
    お客様が外で食べていた、ほうとうもとってもおいしそうで、バスの時刻がもう少し遅かったら。。。と残念でした。
    なごりおしくて、塩山駅で電車を待っている間、駅前でほうとうを購入しました。
  • バスは、大菩薩の湯を経由して、塩山駅まで行きます。
    出発点では、数人でしたが、大菩薩の湯や途中のバス停からも乗られる方が多かったです。
    300円均一でどこまでも。なので、始発から終点まで乗っているとお得気分です。

トイレ情報

  • 高尾駅
  • 塩山駅改札出て、階段下(バスの時刻を確認して行きましょう)
  • 大菩薩峠登山口バス停近く(手前のトイレ・二つあって水洗です)
  • 裂石公衆トイレ(水洗ではないようです)
  • 丸川峠(丸川荘)のトイレ(50円・ペーパーなしと表示)
  • 大菩薩峠(介山荘)水洗ではありませんが、ペーパーあり
  • 唐松尾根分岐公衆トイレ
  • 上日川峠公衆トイレ(ロッヂ長兵衛近く)

写真

準備中



添付ファイル: fileDSC01157_resize.JPG 472件 [詳細] fileDSC01226_resize.JPG 489件 [詳細] fileDSC01123_resize.JPG 490件 [詳細] fileDSC01081_resize.JPG 500件 [詳細] fileDSC01074_resize.JPG 509件 [詳細] fileDSC00965_resize.JPG 486件 [詳細]

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2012-10-03 (水) 17:02:22 (1874d)