いろいろ歩く

苗場山

ルート紹介

越後湯沢駅〜和田小屋(祓川コース)→神楽ヶ峰→苗場山山頂(往復)
電子地図へ

中の芝(7合目付近)中の芝・その2
DSC09111_resize.JPGDSC09131_resize.JPG
このあたりから急に紅葉が進んでいた感じです。このあたりはたくさん山が見えます。
苗場山(神楽ヶ峰から)苗場山山頂の湿原
DSC09194_resize.JPGDSC09303_resize.JPG
神楽ヶ峰から一度降りて向こうに上ります。山頂がこんなに広がっているのにびっくり。
苗場山からお花畑方面を臨む和田小屋付近から湯沢の町を見下ろす
DSC09385_resize.JPGDSC09521_resize.JPG
尾根伝いに登山道が見えると思います。遠くに湯沢のビルが見えます。
2008年10月4日[土]撮影

交通

  • 出発点 越後湯沢駅からタクシーで和田小屋
    今回は、新幹線とタクシーを利用しました。
    普通電車+バス利用も考えたのですが、どう考えても日帰りは無理ということで、大名旅行となりました。
    上野駅7:06発(新幹線・とき303号)→8:12着越後湯沢8:25発(タクシー)→8:55着和田小屋
    上野駅では、指定席は満席で、自由席でバラバラになりました。
    東京駅から乗ったほうが良かった。と後悔しました。(指定席は満席になることが多いようです。)
    大宮駅では、座れず立っている人も多かったです。大宮の次は、越後湯沢駅に停まります。
  • 終点 和田小屋
    和田小屋15:43(タクシー)→16:13着越後湯沢駅16:36発→17:54上野駅着
    和田小屋まで20分の看板を見て、タクシー会社に電話しました。
    ちょうど20分で和田小屋に着くと、15分くらい待ってタクシーが来ました。
    和田小屋に着いてから連絡ですと30分ちょっと待ちますので、途中で連絡しておいたほうが良いと思います。
    アサヒタクシー TEL:0120-1094-81(携帯からもフリーダイヤル)
    ゆざわタクシー TEL:025-784-2660
  • 料金:(上野〜越後湯沢・新幹線)6,290円×2(往復)+(越後湯沢駅〜和田小屋・タクシー)5,620円+5,520円=23,720円

距離・時間

  • 出発点 和田小屋(五合目) 9:00 2,708歩 標高1,380m
  • 五合半 9:20 3,786歩 標高1,510m※
  • 六合目 9:30 4,156歩 標高1,555m※
  • 下ノ芝(七合目) 10:00 5,151歩 標高1,695m※
  • 中ノ芝 10:36 6,520歩 標高1,885m※
  • 上ノ芝 10:50 7,268歩 標高1,965m※
  • 神楽ヶ峰(八合目)8,488歩 標高2,030m※
  • お花畑 10,063歩 標高1,890m※
  • 雲尾坂 11,225歩 標高2,045m※
  • 苗場山山頂 12:20 12,723歩 標高2,145.3m(45分湿原を散策)
  • 下山開始 13:05 15,183歩
  • お花畑 13:36 17,654歩
  • 上ノ芝 14:13 20,145歩
  • 中ノ芝 14:22 20,987歩
  • 六合目 15:06 24,751歩
  • 和田小屋 15:30 27,370歩
  • 合計 上り:3時間20分 10,015歩 下り:2時間25分 ※は、自分の高度計表示

感想

  • 行きのタクシーの運転手さんは、紅葉はまだのようですね。とおっしゃっていたのですが、登ってみたら、一番良い時期に行ったようです。
    中の芝に着いて感動し、山頂に着いて感激し、一日に二度おいしい大自然でした。
  • 頂上は、とても広い湿原になっていて尾瀬(行ったことないですが)気分で歩けます。
    紅葉と緑の葉っぱがとてもよいコントラストで、端のほうではどなたもいず、大自然を満喫できます。
  • 苗場山自然体験交流センターは、広々としていました。
    もう一軒の山小屋、遊仙閣の横に山頂表示があります。
    ここか、湿原の中にある大きな板のところでお昼を食べている方が多かったです。
    夕陽や朝陽をここから見たらきれいだろうな。と思いました。
  • しばらく雨は降っていないと思っていたのですが、上りのときは、石もぬれていて、下りのときにすべるのでは。と心配しましたが、半日で随分と乾いていて下りやすかったです。
    ただ、木の根で一回、ぬれた石で一回すべりそうになったことは教訓としたいと思います。
  • 下るときは、上ってくるかたはあまりいないかな。と思っていましたが、山小屋に泊まられる方も多いようで、往復ともたくさんの人とすれ違いました。
  • 苗場山には、『雷清水』の水場があります。
    行きはここに人がたくさんいたので、すどおりしましたが、帰りはどなたもいなかったので、空いたペットボトルに水を汲みました。
    とってもおいしくて何本か汲んでお土産にすればよかったかな。と思うくらいでした。

トイレ情報

  • 越後湯沢駅(必ず行きましょう)
  • 和田小屋(100円・利用していません)
  • 苗場山山頂・苗場山自然体験交流センター(100円・バイオトイレで水が流れていてきれいです)

写真

越後湯沢のイベント帰りの電車の窓から夕焼け
DSC09530_resize.JPGDSC09555_resize.JPG

いろいろ歩く


添付ファイル: fileDSC09555_resize.JPG 292件 [詳細] fileDSC09530_resize.JPG 291件 [詳細] fileDSC09521_resize.JPG 303件 [詳細] fileDSC09385_resize.JPG 300件 [詳細] fileDSC09303_resize.JPG 289件 [詳細] fileDSC09302_resize.JPG 143件 [詳細] fileDSC09194_resize.JPG 312件 [詳細] fileDSC09131_resize.JPG 291件 [詳細] fileDSC09111_resize.JPG 300件 [詳細]

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2009-11-15 (日) 20:46:58 (2931d)