いろいろ歩く

谷川岳(天神平→トマの耳→オキの耳→一ノ倉岳→茂倉岳→土樽駅)

ルート紹介

電子地図へ

水上から土合(どあい)の駅に行き、ロープウェイで天神平へ。そこから歩き始め、谷川岳から土樽駅まで歩きました。

天神平谷川岳
DSC07834_resize.JPGDSC07846_resize.JPG
リフト乗り場と奥に谷川岳が見えます。歩き始めて木の合間から谷川岳が見えてきました。
これからあそこを越えていきます。
登山道頂上近くの様子
DSC07880_resize.JPGDSC07904_resize.JPG
岩の多いごつごつした道です。一面笹が茂っています。
トマの耳を振り返る(オキの耳より)オキの耳からの眺望
DSC07967_resize.JPGDSC07979_resize.JPG
写真を大きくするとトマの耳の頂上に
20人ぐらい見えると思います。
雨交じりでしたので幻想的な風景でした。
これから行く一ノ倉岳と茂倉岳北壁の雪渓
DSC08004_resize.JPGDSC08017_resize.JPG
ずっと尾根伝いの道です。見下ろすと雪が見えました。絶壁です。
2008年9月13日[土]撮影

交通

  • 出発点 土合(どあい)駅
    上野駅5:13発→6:54着高崎駅7:10発→8:13着水上駅8:19発→8:28土合駅着
    土合駅地下ホーム8:30発(10分で地上到着)→9:05着ロープウェイ土合口駅
    ※水上駅からバスでロープウェイ土合口駅へ
    http://www.kan-etsu.net/r-bus/timetable/mina-rw-yunokoya-1.htm
  • 終点 土樽(つちたる)駅
    土樽駅18:12発→18:33着水上駅18:36発→19:39着高崎駅20:00発→21:44上野着
  • 料金:(JR上野駅〜土合駅)2,940円+谷川岳ロープウェイ(土合口駅〜天神平駅)1,200円+(土樽駅〜上野駅)3,260円=7,400円
    ※土合駅、土樽駅とも無人駅です。車掌さんにお金を払います。
    両駅ともSuica等は使用できません。

距離・時間

  • 出発点 土合駅地下ホーム 8:28 1,458歩 標高583m
  • ロープウェイ土合口駅 9:05 4,387歩 標高730m※
  • 天神平 9:27 5,510歩 標高1,321m
  • 熊穴沢避難小屋 10:06 7,450歩 標高1,455m
  • 天狗の留まり場 10:41 9,149歩 標高1,675m※
  • 谷川岳トマの耳 11:35 標高1,963m
  • 谷川岳オキの耳 11:52 13,564歩 標高1,977m
  • ノゾキ 12:31 15,229歩 標高1,835m※
  • 一ノ倉岳 12:59 16,247歩 標高1,974.2m
  • 茂倉岳 13:20 17,388歩 標高1977.9m 
  • 矢場ノ頭 14:37 23,313歩 標高1,490m
  • 茂倉新道入口 16:26 30,575歩 標高685m※
  • 終点 土樽駅 16:57 35,759歩 600m
  • 合計:34,301歩 8時間29分
    ※は、腕時計についている高度計表示です。

感想

  • 土合駅では、登山者の方々がいっせいに降車しました。
    一度、地下深い土合駅のホームを見たかったので、電車にしましたが、水上駅からバスで行ったほうが、ロープウェイ駅近くまで早く着きます。
  • 谷川岳は、これからの紅葉の時期が良いようで、この日はそんなに混んでいませんでした。
    ロープウェイもすぐに乗れ、12人くらいの方たちの中で谷川岳方面に行ったのは私たちだけで、他の方々はリフトに乗って天神峠まで行っていました。
  • 谷川岳だったら、ロープウェイである程度の高さまで行けるので、涼しいだろうな。と思って歩き始めましたが、熊穴沢避難小屋から先は、岩がゴロゴロで登っていくと結構汗がでました。
  • トマの耳に近くなった頃に、晴れの予報だったのですが、雨が。。。
    カッパを着て歩き始めましたが、いっそう蒸すかんじで汗がでました。
    でも、その後はあまり降らずに降っても少しくらいでよかったです。
  • 一ノ倉岳手前は少し上りましたが、茂倉岳へはいつの間にか着いてしまいました。
    茂倉新道は、下りだし、軽いかな。なんて甘い考えをもっていましたが、矢場ノ頭手前は上りだし、矢場ノ頭以降は、いつまでたっても下りが終わりません。
    ゴロゴロの岩場や木の上を歩くところもあり、雨が降った影響もあり、慎重に歩きます。
    それでも二回滑りそうになりましたので、下りは、スティックがあったほうが良いかもしれません。
  • オキの耳までは、人が結構いましたが、それ以降は、あまり人に会わず岩場もありますが、人を気にせずゆったりした気分で歩けます。
    茂倉新道にはいる手前までは、きれいに笹が刈られていて、ありがたかったです。
    茂倉岳から元の谷川岳方向に戻る方も多いらしく、そのまま進んだ茂倉新道では、一組(二人)の方とお会いしただけでした。
  • 茂倉新道から土樽駅に向かって、橋を渡っていくと左側に銅像があり、その前に水飲み場があります。
    暑い日だったので、とってもおいしかったです。
  • 土樽駅では、15:24の次は、18:12まで電車がありません。
    駅舎では、横になって寝ている方もいらっしゃいました。
    駅の近くには何もありませんが、釣りをされている方が何名かいらっしゃいました。

トイレ情報

  • 土合駅地下ホームのトイレ(寄りませんでしたが待合室の近くにあるようです)
  • ロープウェイ土合口駅のトイレ(水洗・洋式で6個あります。こちらで寄りましょう)
  • ロープウェイ天神平駅のトイレ
  • 肩ノ小屋(トマの耳手前)のトイレ(トイレ利用チップ:100円(トイレ美化協力金))
  • 茂倉岳避難小屋
  • 土樽駅トイレ

写真

土合駅土合駅ホーム出口への階段駅の表示駅舎
DSC07752_resize.JPGDSC07753_resize.JPGDSC07756_resize.JPGDSC07778_resize.JPGDSC07780_resize.JPG
トンネルの底だと思うと味があります。地下鉄とはだいぶ雰囲気が違います。地味なトンネルのままの駅です。これからどれぐらい上るのかな?確かにモグラ的な駅でした。思ったよりも立派な感じの駅です。


添付ファイル: fileDSC08017_resize.JPG 339件 [詳細] fileDSC08004_resize.JPG 325件 [詳細] fileDSC07979_resize.JPG 337件 [詳細] fileDSC07904_resize.JPG 295件 [詳細] fileDSC07967_resize.JPG 376件 [詳細] fileDSC07880_resize.JPG 311件 [詳細] fileDSC07846_resize.JPG 331件 [詳細] fileDSC07834_resize.JPG 290件 [詳細] fileDSC07780_resize.JPG 313件 [詳細] fileDSC07778_resize.JPG 300件 [詳細] fileDSC07756_resize.JPG 305件 [詳細] fileDSC07753_resize.JPG 325件 [詳細] fileDSC07752_resize.JPG 310件 [詳細]

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2009-11-15 (日) 20:46:58 (2931d)