FrontPage

関東ふれあいの道

関東ふれあいの道というウォーキングルートがあるのをあるこさんが見つけました。 調べてみると日本全国にわたるルートがあり、長距離自然歩道として、環境庁、各都道府県が整備・維持してくれています。このなかで、関東ふれあいの道は、一都六県にわたり144本のコースがあります。

私の場合、机に座っての仕事がほとんどであったため、腰痛、肩こりなど、運動不足が原因と思われる症状がいろいろと出てきていました。 そこで、夫婦で関東ふれあいの道を歩いてみることにしました。 週末に1つぐらい歩き、3ヶ月程度歩いているとかなり体力が戻ってきました。結構効果がありますね、、。

各都県のコース情報へ

  • 各都県のコース紹介
  • 千葉県は、外房の海、南部の低いけど険しい山、北部では平野の広さを楽しむことができます。
  • 茨城県は霞ヶ浦、筑波連山を楽しみます。どこに行っても筑波山が見え、それを確認しながら歩く感じです。
  • 栃木県は、両側に山が多く、中央部分では田園と、益子焼や足利学校など歴史を楽しめます。
  • 群馬県は赤城山、榛名山、妙義山など山々を歩きます。移動に使う「わたらせ渓谷鉄道」も楽しみです。
  • 埼玉県は秩父の山々と渓流、そして、多くの美しい峠を楽しめます。
  • 東京都は、奥多摩の山々を楽しめます。普通のヒトにとっては、山と言っても高尾山と御岳山ぐらいしか話題になりませんが、眺めの大変良い、全く違った東京都を見れます。
  • 神奈川県は岩場、砂浜など美しい海岸線を楽しみ、丹沢近くの平地と山を楽しめます。

終わってみると、各都県がぐっと身近になりました。以前、私の頭の中の関東は、JRや私鉄各線ごとに独立していました。関東ふれあいの道を歩くことで、平面的な「みち」がつながりが始めました。野菜の畑から、こんにゃく畑、果樹など各地の「畑」までイメージできるようになりました。出張で電車や新幹線に乗っていても、「あっ、ここ歩いた!」と心でつぶやくことが多くなってきます。

とにかく写真
歩いた記録
踏破証とバッジと表彰状と記念品
各都県の感想


FrontPage


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2009-11-15 (日) 22:01:59 (2927d)