栃木県 関東ふれあいの道:Aruku"歩くサイト"へようこそ!
http://aruku.bz/?Tochigi

栃木県の関東ふれあいの道を中心に、歩く情報を掲載しております。左のコースメニューや下記の写真からそれぞれのコースにお進みください。歩くときに間違いやすい場所や、事前に調べたい天気、交通手段などの情報が掲載されています。多少なりともお役に立てれば幸いです。

Aruku栃木県のコース一覧へ
栃木県の公式ページへ

1.赤銅のみち2.修験行者のみち3.高原と牧場のみち4.湿原とせせらぎのみち6.山なみのみち7.歴史のまちを望むみち
8.マンサクの花咲くみち9.松風のみち10.かかしの里・ぶどうのみち11.桜咲くパノラマのみち13.麦笛のみち14.風土記のみち
15.ゆうがおのみち16.アシそよぐ水辺のみち17.名刹と旧跡を訪ねるみち18.雲流れる桜花のみち19.焼物としいの木のみち20.風薫る山里のみち
21.鯉と山あいのみち22.アユおどる清流のみち23.ヤシオ咲く庚申のみち25.稜線をたどるみち

栃木県は22のコース(2つの連絡コース、ひとつの認定外コースを除く)があります。東側は、筑波山の輪郭を見ながら茨城の存在を感じながら歩きます。山の高さは低いのですが、思ったよりもハードな道が多いです。さらに真岡鉄道沿いは、焼き物や歴史的な道を歩みます。栃木県の中央部分は関東平野の広さを感じながらひたすら歩きます。田園や川それぞれの駅前の町並みなどを見ながら足利学校などの歴史に触れます。西側の鹿沼市や日光市に近くなるとひたすら山道です。ニホンザルやカモシカにも出会います。足尾銅山のあとなど教科書にも出ていた風景を生で見るのはとても不思議な感じです。昔栄えた痕跡を見ながら、険しい山々の間を通って進みます。高い山々がたくさんありますので、眺望もかなりすばらしいところが多いのが西側の特徴です。また、行き帰りに群馬県側からわたらせ渓谷鉄道で現地に向かったりします。この渓谷沿いの風景など、歩くルート以外でも楽しみも多いのです。この西側の山々のあたりはもう一度歩いてみたいと思っています。きっと皆さんもそう感じると思います。

お役立ち情報

歩くときに便利な各種リンクや標識の見方や歩くときにちょっと役立つ情報などを紹介しています。

■ 謝辞

  • こういったルートを管理保全しておられる国や都県、名所旧跡などを管理しているそれぞれの地域の皆様に感謝を申し上げたいと思います。 すばらしい「みち」をありがとうございます。
  • いろいろな方に道を教わりました。 本当にありがとうございます。
  • どのルートでも、すばらしい場所と、いろいろな楽しみを与えていただいております。
  • このサイト構築にはPukiWikiを使用させていただいております。開発に協力されている皆様に感謝いたします。

FrontPage

■ ”歩くサイト”のページに関して

関東ふれあいの道というウォーキングルートがあるのをあるこさんが見つけました。 調べてみると日本全国にわたるルートがあり、長距離自然歩道として、環境庁、各都道府県が整備・維持してくれています。私の場合、机に座っての仕事がほとんどであったため、腰痛、肩こりなど、運動不足が原因と思われる症状がいろいろと出てきていました。 そこで、夫婦で関東ふれあいの道を歩いてみることにしました。 週末に1つぐらい歩き、3ヶ月程度歩いているとかなり体力が戻ってきました。結構効果がありますね、、。少しずつそれぞれのルートの記録を作っていきたいと思います。 気長に、、。

各都県の感想へ


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2009-11-15 (日) 22:02:47 (2927d)