トップページ > 栃木県コース一覧
前へ|次へ

7.歴史のまちを望むみち

ルート紹介

行道山浄因寺の清心亭からの眺め両崖山からの眺望
DSC02488.JPGDSC02692.JPG
清心亭はちょうど公開している日でした。館林市や足利市などが見渡せます。
2007年05月12日[土]撮影

交通

  • 出発点 行道山浄因寺
    No.6『山なみのみち』から続けて歩きました。
    ここから歩きはじめる人は、JR足利駅・東武足利駅からの足利市生活路線バスやまなみ号に乗り、行道山停留所で降りると良いと思います。
    (足利市営バス時刻表へfilejikoku_yamanami.pdf)
    サンプル例:東武足利市駅発9:20・9:35発、JR足利駅9:45発→行道山バス停10:10着。
    歩いて30分弱くらいで行道山浄因寺に着くようです。
  • 終点 JR足利駅。
    JR足利駅でしたが、上野に戻る時間を検索したら、東武線のほうが速かったので、東武足利駅まで歩きました。
    歩くと15分くらいかかります。
    17:50(東武伊勢崎線)東武足利駅発→19:28着北千住19:30発→19:38着上野駅
  • 料金:No.6コースとあわせて、{日比谷線(上野〜北千住)160円+東武伊勢崎線(北千住〜足利市)860円}×2+佐野市営バス(足利市駅〜入名草)550円=2,590円
    清心亭拝観料:200円

距離・時間

  • 出発 13:38  21,103歩
  • 到着 17:24  39,130歩(東武足利市駅まで17:40 41,579歩)
  • 全長 9.0km 18,027歩 3時間46分(4時間2分 20,476歩)

トイレ情報

  • 大岩毘沙門天に下る手前駐車場のトイレ
    水洗ではありませんが、ペーパーあり。
  • 大岩毘沙門天のトイレ(二箇所・水洗ではありません。)
  • 織姫神社(水洗です)
  • 東武足利駅

間違いやすい場所

  • 寝釈迦を見るほうに曲がって、展望を楽しんだら、もとの道に戻ります。
    折れた『ハイキングコース』の木はありますが、指導標が無いのと、展望できる箇所の下に道がありそうなので、ちょっと悩みます。

感想

  • 清心亭の参観ができる日でしたので、拝観料(200円)を支払って拝観させていただきました。
    受付のおじさんたちに「ラッキーだね。中々見れないよ。葛飾北斎の絵になっているんだよ。」との説明。
    http://ch.kanagawa-museum.jp/dm/ukiyoe/esi/katusika/d_katusika10.html
    清心亭から下を覗くと足がすくみます。
    おじさんたちの「よく歩くね。がんばって、これからのほうが景色もいいし、楽だよ。」の一言をいただき、歩きはじめました。
  • 寝釈迦は、5/5(土)に、群馬県No.30コース寝釈迦のみちに行ったばかりだったので、小ささにちょっとびっくりしました。
  • 清心亭のおじさんたちは、楽とおっしゃっていましたが、一本目の道から続けてこちらもアップダウンを繰り返す道でしたので、結構体力を要しました。
    織姫公園休憩所の自動販売機で冷たい飲み物を買い、おいしかった。
  • 織姫公園は、ツツジが満開できれいでした。
    家族連れの方々も多く遊んでいました。
  • ばんな寺の近くでおせんべいを買いました。
    焼きもちしょうゆ、焼きもちサラダ、風船せんべい。
    おいしかった〜。

プチ・アンケート

歩いてみていかがでしたか? (今後歩く人のために参考になりそうなことがあればコメントしてください。)

#q11e2_kcaptcha(順調に歩けた?[::RADIO::##CHECKED:1:はい##2:迷った])


トップページ > 栃木県コース一覧


添付ファイル: fileDSC02692.JPG 530件 [詳細] fileDSC02488.JPG 495件 [詳細]

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2012-10-05 (金) 17:24:43 (1872d)